フラメンコクラスで使う音源

text yuka

2022.08.04

フラメンコクラスでは、ソロコンパス(Solo compás)の音源を使って練習することがあります。

フラメンコ音楽にはコンパスと呼ばれるものがあり、一定のリズムやメロディが繰り返されています。それぞれ曲にそれぞれのコンパスがありますので、その音楽に合わせて練習しています。

ソロコンパスには

・歌が入っているもの [con cante]
・歌が入っていないもの [sin cante]
・踊りの足が入っているもの [con baile]
・踊りの足が入って今うもの [sin baile]
・リズムだけ [sólo compás]+いろいろな速さ
・ギターのメロディ入り[con guitarra]+いろいろな速さ
・エスコビージャのメロディ
etc…

さまざまなバージョンが入っていますので、自主練習にもおすすめです。
ギタリストと歌い手さんと一緒に練習できればベストですが、地方では難しいのが現状です。
メトロノームの練習も良いですが、頭の中に歌やメロディが入っていない場合は、曲のイメージがつかみやすくなります。

サブスクでいろいろな音源が手に入りますので、「solocompas」で検索して利用してみてください。
たくさんの種類がありますので、お気に入りが見つかるはずです。

フラメンコ|その他の記事